おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
Re:3029

吉井様

 この鳥はハイタカと思われます。翼先分離とか翼指と呼ばれるそうですが、初列風切の長さに段差がある部分から先(風切が指のように開いて見える部分)の枚数に、ツミとハイタカでは違いがあるそうです。ツミは5枚、ハイタカは6枚です。失礼とは思いましたが、投稿された画像に数字を追加しましたのでご確認ください。

 換羽などの影響で本来とは違う枚数に見えることもありますから、万能な識別点ではありませんが、飛翔写真から同定するときには、出発点として役に立ちます。ご参考まで。

ヨタカ 2019/01/06(Sun) 11:19 No.3037 [返信]
Re:3029
ヨタカ様
ツミとハイタカの詳しい違いをありがとうございました。
ヒメコンドル、トビ、カラス、それに加えてハイタカと
追いかける鳥が多くて迷いましたが、
辛うじてハイタカの画像が3枚ありました。

吉井一仁 2019/01/06(Sun) 11:46 No.3038
ヒメコンドルよ何処へ!

1月5日10:00〜
金古運動公園でのバードショーに行きました。
初めにヒメコンドルが紹介されました。
ヒモから離されると、街灯の上に乗り降りて来ません。次に民家の屋根の上に移動しました。そこで、そのままにしてワシミミズクやメンフクロウのパフォーマンスが行なわれました。
しばらくして、ヒメコンドルが飛んだのですが、その時トビが近くにいて2羽はぐるぐると舞い始めました。そこへ、2羽のカラスが加わり、4羽はどんどん上昇して行きました。箕郷方面へ飛んで行き、視界から消えてしまいました。
Aヒメコンドル、Bトビ、C1,C2カラス
この寒い環境ではヒメコンドルの生存は危ぶまれます。赤い頭のトビを見かけたら、それはヒメコンドルです。保護をお願い致します。

吉井一仁 2019/01/05(Sat) 13:43 No.3028 [返信]
Re: ヒメコンドルよ何処へ!
この4羽が上昇している時
もう1種の猛禽が飛び出しました。
すぐに離れてしまいました。
小さかったのでツミのように思われたのですが、
同定できません。
お教えください。

吉井一仁 2019/01/05(Sat) 13:58 No.3029
Re: ヒメコンドルよ何処へ!
箱から出されたヒメコンドルです。

吉井一仁 2019/01/05(Sat) 21:39 No.3031
Re: ヒメコンドルよ何処へ!
街灯に乗ったヒメコンドルです。

吉井一仁 2019/01/05(Sat) 21:43 No.3032
Re: ヒメコンドルよ何処へ!
民家の屋根の上でカワウのように羽を広げたヒメコンドルです。

吉井一仁 2019/01/05(Sat) 21:47 No.3034
Re: ヒメコンドルよ何処へ!
バードショーの上空をたまたま飛んでいたトビです。

吉井一仁 2019/01/05(Sat) 21:54 No.3035
Re: ヒメコンドルよ何処へ!
ヒメコンドルAに近づくトビBです。

吉井一仁 2019/01/05(Sat) 22:01 No.3036
幸せな新年

新しい年になり、愛する野鳥たちに「明けましておめでとう!」のごあいさつに出かけました。
ベニマシコは、たくさんの写真家さんから逃れ?新しい居場所で元気に新年を迎えました。

lammhota 2019/01/02(Wed) 20:26 No.3016 [返信]
Re: 幸せな新年
何度も確認しましたが、♂♀ともに3羽ずついるようです。

lammhota 2019/01/02(Wed) 20:28 No.3017
Re: 幸せな新年
以前もご紹介しました黄緑色の子も元気です。昨日は水を飲もうと?したところにコガモが来て、逃げ回っていました。

lammhota 2019/01/02(Wed) 20:33 No.3018
Re: 幸せな新年
いつものジョウビタキはもちろん、カワセミもベニマシコの近くに盛んにやって来て、存在をアピールしていました。可愛いですね!!

lammhota 2019/01/02(Wed) 20:36 No.3019
Re: 幸せな新年
とても恥ずかしがり屋のジョウビタキくんです。

lammhota 2019/01/02(Wed) 20:39 No.3020
Re: 幸せな新年
黄緑色の子は、ベニマシコではなくアオジだと教えていただきました。いつまでも初心者マークですみません!
lammhota 2019/01/05(Sat) 14:02 No.3030
妙義湖でウミウ

 2018年12月31日、妙義湖にオシドリを見に行きました。肝心のオシドリはいませんでしたが、ウが1羽だけダム近くのネットにとまっていました。肉眼でも下面の白色部が広いことがわかったので、よく見てみたらウミウでした。カメラを持っていなかったので、スコープにスマホを押し付けて即席でスマスコしました。なんともひどい写真ですが、関上さんに続くウミウ、しかも山奥のダム湖での記録となりました。県内にも、ウミウはそれなりに来ているのかも知れませんね。

 ウミウとカワウの識別については、下記の資料と、鳥だより12月13日の関上さんのウミウの記録の鮮明な写真(上から2枚目がベストショット、カワウと比較しやすい)をご覧ください。

【環境省】カワウとウミウの見分け方
http://www.biodic.go.jp/kawau/d_hogokanri/hunt_leaflet.pdf

深井宣男 2019/01/04(Fri) 12:55 No.3025 [返信]
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -