おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
チョウゲンボウですか

1月27日午後前橋市東部の農耕地で見かけました。

チョウゲンボウかと思うのですが図鑑を見ると
コチョウゲンボウにも似ているようです、
経験と知識が不足しているので判断できません
どなたか詳しい方にご教授いただきたく写真を送ります。

PUSUKE 2019/01/28(Mon) 21:22 No.3163 [返信]
Re: チョウゲンボウですか
二枚目の写真です
PUSUKE 2019/01/28(Mon) 21:24 No.3164
Re: チョウゲンボウですか
2枚目です

PUSUKE 2019/01/28(Mon) 21:25 No.3165
Re: チョウゲンボウですか
3枚目です

PUSUKE 2019/01/28(Mon) 21:26 No.3166
Re: チョウゲンボウですか
PUSUKEさま

 この鳥はコチョウゲンボウです。細かな識別点はいろいろありますが、止まっている個体を識別するときに私が注意して見るのは、全体の色調と眉斑、尾羽の横斑の太さです。

 全体の色調は、チョウゲンが明るい茶色なのに対し、コチョウゲンは暗い焦げ茶色です。細いけどちゃんとした眉斑があるのはコチョウゲンです。尾羽の横斑は、チョウゲンが先端の1本だけ太くて残りは細めなのに対し、コチョウゲンは先端だけでなくその他のも太めです。
ヨタカ 2019/01/28(Mon) 22:48 No.3168
Re: チョウゲンボウですか
ヨタカさん早速に有難うございました
おかげでスッキリしました。
コチョウゲンボウは少ないそうですがラッキーな出会いだったのでしょうか?
PUSUKE 2019/01/28(Mon) 23:06 No.3169
Re: チョウゲンボウですか
チョウゲンは電柱などに止まっているのを見る機会が少なくありませんが、コチョウゲンをじっくり見られる機会はそう多くありません。
どちらも猛禽なので、見られればラッキーですが、個人的にはコチョウゲンに会えた時の方が10倍くらい嬉しいですね。
雄成鳥の綺麗な色も好きですが、この個体のような雌タイプの渋いのもいいです。
ヨタカ 2019/01/28(Mon) 23:34 No.3170
我が家の野鳥

野山の木の実が減ってきたのか我が家の庭のピラカンサスに、ようやく野鳥が来てくれた。先ずは、ヒヨドリの大群。

岩田 悟 2019/01/27(Sun) 20:36 No.3156 [返信]
Re: 我が家の野鳥
次に、ムクドリ2羽の内の1羽。

岩田 悟 2019/01/27(Sun) 20:41 No.3157
Re: 我が家の野鳥
最後は、ツグミが1羽。ヒヨドリの大群で、ピラカンサスの実が見る間に少なくなって来る

岩田 悟 2019/01/28(Mon) 18:53 No.3161
Re: 我が家の野鳥
朝庭に出てピラカンサスの木を確認すると、ものの見事とに 実はほぼ完食状態。
画像が、縦位置→横になってしまったがご容赦を!

岩田 悟 2019/01/28(Mon) 18:56 No.3162
高津戸峡のオシドリ A

数日前の写真ですが、今季はあまり近くに来てくれず、
今のところ、この程度の記録が限度でした。

竹内 寛 2019/01/24(Thu) 12:27 No.3139 [返信]
Re: 高津戸峡のオシドリ A
昨日の夕方でした。日没前で暗く、水面を泳ぐオシドリはみなブレてしまいます。
この日、奥の木陰にいたオシドリは、今季最多の約15羽(♂約10羽・♀約5羽)を確認しました。
越冬地として集結していることは確かのようなので、スコープを使えば楽しめそうです。

なお、優美なヨシガモ♂1羽も、華麗なオシドリの群れと一緒に見られました。
珍しい組み合わせでしたが、暗すぎて証拠写真にしかなりませんでした(鳥だより参照)。

竹内 寛 2019/01/24(Thu) 12:46 No.3140
Re: 高津戸峡のオシドリ A
昨日、最初は日陰にかたまっていました。やはりオシドリは陽向を好まないようです。

竹内 寛 2019/01/26(Sat) 22:57 No.3154
Re: 高津戸峡のオシドリ A
少し観察していると、まとまって陽向に出てきてくれました。
やはり、これまで何年も観察してきましたが、性比では♀が少ないですね。
場所や時期によって異なることもありますが、少なくとも高津戸では♂の方が個体数が多い気がしています。単に目立つからというだけではなさそうです。
留鳥もしくは漂鳥でありながら、オシドリの生活史は解明されていない部分が多いと感じています。
興味のある方は、『野の鳥 326号』の「渡良瀬川中流域におけるオシドリの生態」2014 でも触れておりますので、ご参考まで。

竹内 寛 2019/01/26(Sat) 23:18 No.3155
多々良沼冬鳥(2)

多々良沼前週から水位増加し、徐々にカモ類、白鳥類増えてきました。
白鳥は26日約170羽を超えました、カモ類はヒドリ、オナガガモが増加しました。コガモ、マガモも増えてきました。
これにつれて、ヨシガモ、オカヨシガモ、アメリカヒドリも交じっています。探して見るのも楽しいものです。ただしハシビロガモ、ホシハジロ最近少ないようです。
27日は白鳥祭りです(ガバ沼にて)

加藤治男 2019/01/26(Sat) 16:04 No.3145 [返信]
多々良沼冬鳥(2)
カモ類はオナガガモとヒドリガモ類縄張りわかれているようです。
沼全体では、3カ所ほどに群れ分布しています。

加藤治男 2019/01/26(Sat) 16:09 No.3146
多々良沼冬鳥(2)
オカヨシガモです。

加藤治男 2019/01/26(Sat) 16:11 No.3147
多々良沼冬鳥(2)
オカヨシガモよく探すと3羽程並んでいました。
沼全体ではもう少し数多そうです。

加藤治男 2019/01/26(Sat) 16:16 No.3148
多々良沼冬鳥(2)
ヨシガモは1羽のようです。

加藤治男 2019/01/26(Sat) 16:18 No.3149
多々良沼冬鳥(2)
アメリカヒドリもまだ留まっています。

加藤治男 2019/01/26(Sat) 16:20 No.3150
多々良沼冬鳥(2)
ツグミもようやく増えてきたようです。

加藤治男 2019/01/26(Sat) 16:22 No.3151
多々良沼冬鳥(2)
ミヤマガラス沼周辺で群れています。(麦畑多いようです)

加藤治男 2019/01/26(Sat) 16:26 No.3152
多々良沼冬鳥(2)
ヨシガモ珍しく干潟を歩いていました。シギ、チドリ類今後増えそうです。

加藤治男 2019/01/26(Sat) 16:31 No.3153
市民探鳥会へ

2月第一日曜日は、大塩湖での市民探鳥会です。私も昨年、初めて参加させていただきましたが、たくさんの方たちがお出でになり、とても楽しい会になりました。

週末の今日、仕事を早めに切り上げて大塩湖に行って来ました。日が傾く中、30分だけの散策でしたが、たくさんの野鳥に出会えました。
まずは、大塩湖のアイドル、ルリビタキ。幸せの青い鳥!

lammhota 2019/01/25(Fri) 19:33 No.3141 [返信]
Re: 市民探鳥会へ
そして、赤い天使、ベニマシコ。盛んに食事中でした。

lammhota 2019/01/25(Fri) 19:36 No.3142
Re: 市民探鳥会へ
定番の?ジョウビタキ。青、赤、黄色のスター勢ぞろい!

lammhota 2019/01/25(Fri) 19:38 No.3143
Re: 市民探鳥会へ
大好きなエナガ。相変わらずデリケート。

lammhota 2019/01/25(Fri) 19:40 No.3144
ニアミス

ニアミス 1

 散歩中に小型猛禽類が滑空していたので証拠写真にと思って撮影した。

 帰宅後パソコンで画像を確認したら小鳥とのニアミスが写っていた。

 小型猛禽は、ハイタカでしょうか? (関東で冬期に撮影) 小鳥はカワラヒワ? 


  小鳥のつぶやきが聞こえてきそう 「これは、やばいぞ やばい」

鳥とカメラ好き 2019/01/24(Thu) 10:56 No.3136 [返信]
Re: ニアミス
  ニアミス 2

 撮影中のファインダー画面では、小鳥は目視できていなかった。(電子ビューファインダーの解像度が低い関係で)


   小鳥のつぶやき 「急いで全力で逃げよう」

鳥とカメラ好き 2019/01/24(Thu) 10:58 No.3137
Re: ニアミス
  ニアミス 3

 猛禽は襲いかかることもなく、そのままの体勢で滑空して離れていった。


   小鳥のつぶやき  「あー 助かった」
 

    偶然に撮影できたシーンでした。

鳥とカメラ好き 2019/01/24(Thu) 10:59 No.3138
大塩湖のベニマシコ

毎冬来てはいますが小生が数えてみるに、今冬の大塩湖のベニマシコはオス3羽メス2羽若オス1羽の合計6羽に思えます。このベニマシコのオスは赤色の濃い綺麗な個体ですね。

岡野弘行 2019/01/22(Tue) 22:01 No.3135 [返信]
多々良沼の大型カモメ

No.3064で加藤さんが投稿されている大型カモメですが、足が黄色いように見えます。セグロカモメではないかもしれません。足の黄色い大型カモメは群馬県ではまだ正式記録になっていないようです。大型カモメを観察・撮影されたら、ぜひ掲示板へアップしてください。

識別には、地面に降りている順光の横姿だけでなく、翼を広げた状態で先端周辺の上面・下面が重要です。宜しくお願いします。

ヨタカ 2019/01/19(Sat) 10:54 No.3098 [返信]
Re: 多々良沼の大型カモメ
ヨタカ様
加藤さんが投稿されている大型カモメと同じ個体です。
私も撮っていた時は、ずいぶん足が黄色いと思っていました。
でもただのセグロカモメではと・・・
翼先端の上面と下面が写っている画像がありますので投稿します。
なお撮影日は、2018/11/17です。

会員A 2019/01/19(Sat) 17:42 No.3099
Re: 多々良沼の大型カモメ
2枚同時に投稿できないのですね。
もう1枚です。

会員A 2019/01/19(Sat) 17:43 No.3100
Re: 多々良沼の大型カモメ
追伸
「加藤さんが投稿されている大型カモメと同じ個体です」
と書いたのは、以前加藤さんが投稿された時期に撮ったものです。
もしかしたら今回の個体とは違うかもしれません。
会員A 2019/01/19(Sat) 17:56 No.3101
Re: 多々良沼の大型カモメ
会員Aさま

 早速のご投稿ありがとうございます。翼先端の白色斑や換羽の状況など、識別のカギになる部分がばっちり写っています。この個体が水面か地面に降りているカットはありませんか。書き忘れましたが、背中や頭部の色、下嘴の赤色斑も重要でした。

 お願いばかりで申し訳ありませんが、すでに投稿されているカットについても、もう少し解像度の高いものに貼りなおしていただけないでしょうか。詳しい方に同定を依頼したいのですが、画像が少々小さいので。

 詳しくは同定依頼を出して、その依頼先からの返事を待たねばなりませんし、大型カモメは分類が複雑で難しいのですが、現状での私の見立ては、おそらく種ニシセグロカモメ fuscus の亜種ニシセグロカモメ heuglini の中の taimyrensis という個体群だと思います。IOC(国際オリンピック委員会ではありません(笑))は、この個体群は、セグロカモメ vegae とニシセグロカモメ heuglini の雑種個体群であるとして、独立した亜種とは認めていないようですし、日本鳥学会もそれに準じているようです。しかし heuglini を独立種とし、taimyrensis をその亜種とする説もあり、複雑です。いずれにしろ、足の黄色い大型カモメはセグロカモメではないようで、県内記録が1種(亜種・個体群?)増えることになりそうです。
ヨタカ 2019/01/19(Sat) 23:21 No.3103
Re: 多々良沼の大型カモメ
ヨタカ様
元の画像を3枚掲示板に貼ると重くなるので、
後日事務局にメールで送ります
会員A 2019/01/20(Sun) 20:34 No.3110
Re: 多々良沼の大型カモメ
会員Aさま

 ありがとうございます。宜しくお願いします。
ヨタカ 2019/01/20(Sun) 20:51 No.3111
Re: 多々良沼の大型カモメ
ヨタカ様参考に下記三枚送付します。
昨年より見かけますので、たぶん同一個体と思いますが。
1月上旬には珍しく7羽程の飛来ありましたが、直ぐ飛び立ち以後現れません。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 15:22 No.3113
Re: 多々良沼の大型カモメ
曜日は違いますが!

加藤治男 2019/01/21(Mon) 15:24 No.3114
Re: 多々良沼の大型カモメ
かなりの確率で、いつも見られます。最近は白鳥と一緒にいるようです。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 15:30 No.3115
Re: 多々良沼の大型カモメ
加藤さま

 画像の追加、ありがとうございます。投稿画像の同定を依頼しています。結果は少々お待ちください。
ヨタカ 2019/01/21(Mon) 21:59 No.3131
Re: 多々良沼の大型カモメ
会員Aさま 加藤さま

 同定結果が届きました。背の色が淡いこと、足が濃い黄色であること、初列風切の先端付近の白色斑がP10だけにあること、初列風切先端の黒色部が外側6枚にあること、下嘴の赤色斑が大きめであること、頭部の褐色斑の形と色がついている範囲、11/17の時点で初列風切の外側に旧羽が残っていること、といった特徴から、taimyrensis と考えられる(その可能性が最も高い)との結論でした。

 3103に書いたように、この個体群はセグロカモメ vegae とニシセグロカモメ heuglini の雑種個体群であるとして、日本鳥類目録第7版では独立した種または亜種とは認められていません(このへんのことについては、下記PDFの12ページめ「ニシセグロカモメ」の項をご覧ください)。 しかし、主に東日本に渡来する足が黄色い大形カモメの多くは taimyrensis の特徴を有しており、このような個体を heuglini の亜種または独立種とする説もあることから、今後の分類研究の進展次第で扱いが変わる可能性もあります。

http://ornithology.jp/katsudo/Publications/checklist7_contents_updated/OSJ_61_2012.pdf


 ということで、群馬県鳥類目録の改訂時には、その辺の事情を記述した上で掲載されることになると思います。やっとスッキリしました。ありがとうございました。
ヨタカ 2019/01/22(Tue) 15:40 No.3133
Re: 多々良沼の大型カモメ
ヨタカ様
大型カモメの同定がきちんとできて良かったですね。
海無し県に住んでいるので、私などはカモメの識別は無理です。
今回のように、きちんと同定できる人(機関)がいる(ある)のは
心強い事だと思います。
いろいろ奔走されたヨタカ様、ご苦労様でした。
会員A 2019/01/22(Tue) 20:12 No.3134
多々良沼冬鳥(1)

1月17日〜20日は晴れの日が続いていますが、強風 無風と観察には苦労します、冬鳥(山野 水辺の鳥)も多くなってきました。
弁財天周り、東観察棟付近ではベニマシコ等も毎日見られるようになりました。餌のあるうちは見られそうです。
カモ類はヒドリガモ増えてきました。50羽程の群れの中にはアメリカヒドリ交じっていますので注意して探して見てください。
本写真では左下にいます。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:01 No.3116 [返信]
多々良沼冬鳥(1)
無風時には弁財天周りに近づきます。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:04 No.3117
多々良沼冬鳥(1)
コガモも増えてきました。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:06 No.3118
多々良沼冬鳥(1)
カンムリカイツブリは沼全体に多数見られますが、珍しく白色(アルビノ)個体います。まだ留まりそうです。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:09 No.3119
多々良沼冬鳥(1)
ミコアイサは♂ ♀共多数見られます。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:11 No.3120
多々良沼冬鳥(1)
マガンは白鳥と行動を共にしています。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:13 No.3121
多々良沼冬鳥(1)
アオジ(2羽)の採餌見られます。東観察棟側に現れます。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:16 No.3122
多々良沼冬鳥(1)
クイナは定番で毎日現れます。30分程の我慢は必要です。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:19 No.3123
多々良沼冬鳥(1)
オオジュリン観察は東観察棟付近がベターです。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:21 No.3124
多々良沼冬鳥(1)
晴天時のオオジュリンきれいです。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:23 No.3125
多々良沼冬鳥(1)
スズメもオオジュリン同様採餌しています。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:26 No.3126
多々良沼冬鳥(1)
ベニマシコ♀ 定番です。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:28 No.3127
多々良沼冬鳥(1)
ベニマシコ♂ 定番です。毎日午前 午後ツガイで現れます。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:30 No.3128
多々良沼冬鳥(1)
たまには♂ ♀そろいますが、被りが多いようです。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:34 No.3129
多々良沼冬鳥(1)
ジョウビタキ、ツグミ、モズ、メジロ、ヒヨドリ、シジュカラ、エナガ等も定番になりました。陸上葦原ではキジも見られます。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:38 No.3130
涸沼へ

初めて、野鳥観察だけを目的としたドライブを敢行しました。場所は茨城県の涸沼。何気なく「野の鳥」を見直していたら、「えっ、凄い種類の野鳥が観察できるんだな。」と一大決心に至りました。
とは言っても、涸沼の「ひ」の字も知らない私ですから、過度の期待はしてませんでした。
野掛公園に着くと、広い!湖面には、カルガモとオオバン。簡単にはいかないと気を取り直して湖畔を散策しました。すると、…
灰色の小さな鳥が盛んに潜っている。カイツブリっぽいな。

中山誠司 2019/01/20(Sun) 19:44 No.3106 [返信]
Re: 涸沼へ
調べるとハジロカイツブリ。目が赤い!とても可愛い!
グランドゴルフ場辺りまで来ると、何とイソシギがいました。ハクセキレイとつかず離れずして盛んに地面を突いていました。

中山誠司 2019/01/20(Sun) 19:51 No.3107
Re: 涸沼へ
イソシギを見たのは初めてでしたが、胸の白い切れ込みが特徴なので何とか分かりました。とても小さな鳥なんですね。

中山誠司 2019/01/20(Sun) 19:54 No.3108
Re: 涸沼へ
ヨットハーバーまで来ると、随分カラフルなものが?双眼鏡で覗くと、オシドリ!
高津戸ダムと違って目と鼻の先にいてくれたので私でも撮影できました。
初めての涸沼でしたが、他にもたくさんの野鳥と出会うことができました。とても幸せでした!

中山誠司 2019/01/20(Sun) 20:02 No.3109
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -