おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
895791

日本的な人気と信頼を得ています
当社の商品は絶対の自信が御座います
スタイルが多い、品質がよい、価格が低い!
迅速、確実にお客様の手元にお届け致します
実物写真、付属品を完備しております
ご注文を期待しています!

コピーブランド, 2019/02/22(Fri) 04:57 Home No.3265 [返信]
961836

2019秋冬モデル100 %実物
パネライスーパーコピー
注文特恵中-新作入荷!-価格比較.送料無料!
主要取扱商品 バッグ、財布、腕時計、ベルト!
オークション、楽天オークション、売店、卸売りと小売りの第一選択のブランドの店。
信用第一、良い品質、低価格は 私達の勝ち残りの切り札です。
当社の商品は絶対の自信が御座います。
おすすめ人気ブランド腕時計, 最高等級時計大量入荷!
N品質シリアル付きも有り 付属品完備!
以上 宜しくお願い致します。
2019秋冬モデル100 %実物

BVLGARI 腕時計 2019/02/21(Thu) 23:45 Home No.3264 [返信]
655740

ブランドコピーN
ブランドコピー通販専門店!人気N品激安!
2019年新品種類がそろっています。
品質がよい、価格が低い、実物写真!
弊店のブランドコピー時計は品質2年無料保証になります。
日本全国送料で数量無料です。

時計コピー 2019/02/21(Thu) 22:07 Home No.3263 [返信]
974099

最高レベルブランドコピー品通信販売ブランドコピー専門店!業界

ロレックススーパーコピー 2019/02/21(Thu) 21:25 Home No.3262 [返信]
小綬鶏

今では最も忌み嫌う言葉である“狩猟”ですが、私が小さい頃は、とても身近のものでした。叔父はある街の猟友会の代表でしたし、実家には雄・雌のヤマドリの剥製が普通にありました(現在も)。ポインターやセターという猟犬も近くにたくさんいました。
ですから、野鳥には興味が全くなかった私でも、キジやヤマドリ、コジュケイ等の名前はよく耳にし、その存在を知っていました。
近くの湖周辺の道等散歩すると、「一寸来い、一寸来い」という鳴き声に出会うことがよくあり、「ああっ、ここにもコジュケイがいるんだな。」とうれしい気持ちになります。
コジュケイが日本に連れてこられてから、今年で100年だそうですね。ミレニアムバードという言葉があるか知りませんが、そろそろ日本の野鳥としての“市民権”を付与してもいいかな、と思ったりします。
素晴らしい野鳥観察が出来る吉岡温泉から上毛大橋下流までの散策道(サイクリングロード)に再び出かけました。相変わらず、たくさんの種類の野鳥たちと出会うことが出来ました。
ある場所(篠林の中)から、「ホッ、ケキ。ケーキョ。」という声が聞こえ、「おっ、ウグイスの初鳴きかな?」と思ったりしました。(2月18日)
そして、コジュケイなのです。初めに2羽、しばらくして3羽が、人(私)を怖がらず、堂々と朝の食事をしているではありませんか。もちろん、何度か見かけたことはありますが、こうやってじっくり観察し、写真に収めたのは初めてでした。「きれいな鳥だ。何か、神々しい感じがする。」と正直思いました。

中山誠司 2019/02/20(Wed) 15:17 No.3252 [返信]
Re: 小綬鶏
アオジも人を全く恐れずに、じっとこちらを見ては「あの、ぼく、朝食の最中なんですけど。一寸あっちに行っててくれません。」と目で訴えていました。かわいいですね。
近頃、鳥の仕草や表情?等から、鳥の意志(あくまで、私の勝手な想像ですが)を感じることが多くあり、「ごめんね。」を連発している私です。

中山誠司 2019/02/20(Wed) 15:22 No.3253
Re: 小綬鶏
これも私の勝手な感じ方ですが、この頃、ジョウビタキがたくさん姿を見せ、「ヒッ、ヒッ」と地鳴きしているようです。11月頃は、隣の家のアンテナの上でも鳴いているというほどたくさんいましたが、2月下旬にさしかかる今になって再び、たくさん見かけるようになりました。
もうすぐ北国へ「さようなら。」お別れのあいさつなのでしょうか。何か、うれしいような、寂しいような複雑な気持ちです。

中山誠司 2019/02/20(Wed) 15:30 No.3254
一歩前進

新聞報道で、本州から北海道への鷲・鷹や白鳥の渡りに重大な脅威になると言うことで、環境省(大臣)が津軽半島での風力発電施設の更新に待ったをかけた、というニュースを目にしました。
同様に、昨年秋には、同じ東北地方の風力発電にNOを突きつけてようです。
詳しくは分かりませんが、16年間に10羽のオジロワシが津軽先端の風力発電施設に「バードストライク」等してしまい命を落としているということでした。
原発は▲でも、再生可能エネルギーを生み出す施設の悪影響が叫ばれています。各地の太陽光発電は、地域の生活環境に劇的な変化をもたらすと聞いたことがあります。
まだまだ全面的に解決と言うことではありませんが、一歩前進として「よかった。」と心から思いました。

S広瀬 2019/02/19(Tue) 15:57 No.3248 [返信]
滑走するカワアイサたち

高津戸峡でカワアイサの群れに会いました。
20羽ほどが群れており、水面を激しく羽ばたき、雌雄が交錯しながら泳ぎまわっていました。
スコープでよく観察すると2羽のカワウが一緒でした。鉤型の長い嘴や体の大きさなどなど、なんとなく似ている水鳥ですね。
中には大きな魚を咥えたカワアイサの雄も見えました。カワウと争奪戦を交えたかもしれません。

以前、高津戸峡は30羽近いカワアイサが越冬していた時期もありましたが、近年分散してしまったのか、数が減少していました。
この日は、久しぶりに多くの個体が集まり、群れで滑走する光景が見られました。
飛び立つための助走なのかと思いましたが、近くに移動しただけでした。何かに反応しての行動だったようです。

竹内 寛 2019/02/17(Sun) 20:03 No.3243 [返信]
Re: 滑走するカワアイサたち
竹内 様
ナイス・ショツト、躍動感有りますねーー
水面を蹴って水が跳ね上がり、動きが伝わってきます
森野洋一郎 2019/02/18(Mon) 08:30 No.3244
Re: 滑走するカワアイサたち
森野 様

もっと遠くにいたので、記録写真を撮ろうとカメラを構えていたら、突然一斉に飛び出してきたもので、あわてて連写したうちの一枚です。
長年カワアイサを観察してきましたが、県内に飛来する羽数自体が少ないので、こんなダイナミックなシーンに出会えたのはラッキーとしか言えません。

白トビを抑えるため、露出補正を−2としてあったのが奏功したのでしょうか、なんとかブレも抑えられたようです。狙って撮れるシーンではないですね。
竹内 寛 2019/02/18(Mon) 22:18 No.3245
Re: 滑走するカワアイサたち
奥に写っているのが大きな魚を咥えた雄です。

そのすぐ右手後方にカワウが見えます。

竹内 寛 2019/02/18(Mon) 22:24 No.3246
Re: 滑走するカワアイサたち
竹内 様
かなり大きな魚を銜えいますが、飲み込む事が出来たのでしょうか
撮影も突然の変化は設定変更も不可能で、ひたすら追尾しながら
シャッター押して、運が良ければ合焦して白飛びが無いとか、難しい・・・
飛翔写真、また楽しみにしています。
森野洋一郎 2019/02/19(Tue) 09:24 No.3247
信州の野鳥たち6

ランチを兼ねて佐久の千曲川沿いにあるサクラさく小道に散歩と野鳥観察に出かけました。とても気持ちの良い公園遊歩道ですが、道を一歩外れると冬枯れの草原が広がる、野鳥の楽園です。
まず出会ったのがアトリ。たくさん飛び交っていましたが、ようやくこの子が枝にとまってくれました。

中山誠司 2019/02/16(Sat) 18:52 No.3233 [返信]
Re: 信州の野鳥たち6
シメもたくさんいました。いつもクールな彼ですが、この子は可愛い!!

中山誠司 2019/02/16(Sat) 18:54 No.3234
Re: 信州の野鳥たち6
千曲川が美しく輝いていました。

中山誠司 2019/02/16(Sat) 18:56 No.3235
Re: 信州の野鳥たち6
うちの方では紋付きと言われています。

中山誠司 2019/02/16(Sat) 18:58 No.3236
Re: 信州の野鳥たち6
キジバトは仲良し!

中山誠司 2019/02/16(Sat) 18:59 No.3237
Re: 信州の野鳥たち6
カワアイサも仲睦まじく。

中山誠司 2019/02/16(Sat) 19:01 No.3238
Re: 信州の野鳥たち6
途中、下仁田町西牧の鏑川で、カワラヒワが水浴びをしていました。気持ち良さそう!

中山誠司 2019/02/16(Sat) 23:49 No.3242
榛名湖のアカハシハジロ

みなさま

 榛名湖ではここ数年、3月下旬から4月上旬にかけてアカハシハジロの雄が観察・撮影されています。この個体は、栃木県で越冬したものが春の渡りの途中に榛名湖へ寄っているのではないかと推測されます。今年も栃木県で越冬しているようなので、この春も榛名湖へ現れることが期待されます。
 ただ、本当に栃木の個体が榛名湖へ寄っているのかどうか、確証がありません。個体識別ができればよいのですが、傷や汚れなどの特徴がみられないようなので、記録された年月日が重ならないことを確認することで傍証とするしかなさそうです。そこで、榛名湖の観察記録をお持ちの方は、観察記録を教えていただけないでしょうか。「榛名湖(県内なら別の場所でも)で、○年○月○日に観察した」と書き込みしてください。今年の初認情報もお待ちしています。

※掲示板などでは、珍鳥情報の扱いは慎重にするべきかもしれませんが、榛名湖であれば鳥や周囲の環境、住民の方々に悪い影響を与えることはあまりないと思われます。宜しくお願いします。

ヨタカ 2019/02/14(Thu) 22:39 No.3220 [返信]
Re: 榛名湖のアカハシハジロ
みなさま

 栃木県での記録をWebで探したところ、下記の期間の写真などが見つかりました。いずれも雄で、同一個体の可能性が高いと思われます。

 2014冬 12/06 〜 3/17
 2015冬  2/20 〜 3/11
 2016冬
 2017冬 12/18 〜 2/15 + 4/07 〜 4/08
 2018冬  1/08 〜 2/02現在

 気になるのが昨冬の記録で、2018年4月7日と8日の写真がありました。昨シーズンは3月中に榛名湖に出てましたよね。だとすると別個体ということになります。

 ただ、この個体は放浪癖があるようで、栃木県での越冬中にも数日単位でいなくなることがあったようです。2月下旬〜4月初旬までの記録が見つからなかったのと、榛名湖での記録がわからないので、いったん榛名湖へ来た後、また栃木へ戻った可能性がゼロとは言えません。

 みなさんの観察記録をお寄せください。宜しくお願いします。

ヨタカ 2019/02/16(Sat) 19:24 No.3241
多々良沼冬鳥(5)

2月11日〜15日は強風、無風日が交互に続きました。また水位低下でタシギ等も身近にみられるようになりました。他にはクイナ、ヒクイナ、アオジ、シメ、ジョウビタキ、コサギ、カモ類、白鳥(190羽程)、オウジュリン他見られます。気温は別として、無風の日(数メートル以下)を推奨します。時間帯はAM10〜11時、PM2〜4時が良いようです。

加藤治男 2019/02/15(Fri) 14:49 No.3222 [返信]
多々良沼冬鳥(5)
ヒクイナも運が良ければ見られます。

加藤治男 2019/02/15(Fri) 14:51 No.3223
多々良沼冬鳥(5)
まだまだ警戒心強いです。

加藤治男 2019/02/15(Fri) 14:52 No.3224
多々良沼冬鳥(5)
クイナはいつでも見られます。沼全体では主に4カ所程で観察できます。

加藤治男 2019/02/15(Fri) 14:54 No.3225
多々良沼冬鳥(5)
ジョウビタキは♂ ♀見られます。

加藤治男 2019/02/15(Fri) 14:55 No.3226
多々良沼冬鳥(5)
ジョウビタキは♂♀いつも一緒です。縄張りは確定しています。

加藤治男 2019/02/15(Fri) 14:57 No.3227
多々良沼冬鳥(5)
無風の日はキジバト、ヒヨドリ、アオジ他の水浴び良く見られます。

加藤治男 2019/02/15(Fri) 14:59 No.3228
多々良沼冬鳥(5)
彫刻の小径はカシラダカ群れ現れましたので、アトリ飛来近そうです。

加藤治男 2019/02/15(Fri) 15:04 No.3230
多々良沼冬鳥(5)
公園池ではコサギ、アオサギ、ダイサギの採餌も見られます。

加藤治男 2019/02/15(Fri) 15:09 No.3231
Re: 多々良沼冬鳥(5)
加藤様

 多々良沼の情報をいつもありがとうございます。ヒクイナは夏鳥でしたが、近年、各地で越冬期の記録が増えているようです。群馬県では、今回の写真が越冬期に撮影された最初の記録かもしれません。写真付きで鳥だよりに投稿していただけると、ありがたいです。宜しくお願いします。
深井宣男 2019/02/15(Fri) 21:19 No.3232
Re: 多々良沼冬鳥(5)
加藤様

 鳥だよりへの投稿、ありがとうございました。
深井宣男 2019/02/16(Sat) 19:13 No.3240
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -